要注意!イラっとさせる!商談失敗の原因となるお勧めしない会話5選

クロージング・営業

今回のブログでは、相手の人をイラッとさせる、
頻繁に使いがちな会話、5選を扱います。
あなたが当たり前のように使っている言葉が、
相手の人をイライラさせることもあります。
森川も、悪気はなかったのですが、 これらの言葉を使ってしまい、
お客様からお叱りを受けたことがありました。
あなたに悪気がない言葉でも、
相手次第では、商談打ち切りとなる可能性があります。
最悪の事態にならないようにするために、
仕事での使用をお勧めしない会話TOP5を伝えます。
違う言葉を使うことによって、相手の心象が変わります。
参考の1つにしていただければ幸いです。


*音声メディアでも視聴可能です。
下記URLをクリックしてご利用ください
https://stand.fm/episodes/61b0cc0a4d420a0007a406e6

お勧めしない、言ってしまいがちな言葉、TOP5

使うことをおすすめしない5つの言葉を紹介します。
あなたも普段から使っているかもしれません。
これらの言葉を使っている人は、注意が必要です。

(1)上から目線の言葉を選ぶこと

まず一つ目は、上から目線の言葉を選ぶことです。
あなたも普段から使っているかもしれません。
言われた相手は、いい気持ちにならないので、
違う言葉に置き換えた方がいいでしょう。

①「~は、悪くないですね。」
②「割と・・・・・」「案外・・・・ですね」
これらの言葉です。
評論家のような上からものを言われたような感じがあります。
最悪の場合、あなたにそんなことをいう資格がないと思い、
怒ってしまう人もいるかもしれません。

このような言葉を使う場合、
①「とても・・・ですね」 ②「ぜひ・・・」③「やはり・・・」という
言葉を使うと、悪い印象を与えることが少なくなります。

(2)「あなたのためを思って」

この言葉は、押し付けられているという印象を与えてしまいます。
「あなたのためにアドバイスをしています」と言われたとします。

この言葉は、あなたのために行った印象がありますが、
見方を変えると、 自分の考えを相手に押し付けているだけと捉える人もいます。

YOUメッセージではなく、Iメッセージで伝えることをお勧めします。
「私はあなたに〇〇してほしい」と考えています。
このように言えば、押し付けられた感が薄くなると思います。
つまり、私の願望であって、あなたへの要望ではないという意味合いがあります。

(3)「念のために」確認させてという人

「念のために」という言葉は、
丁寧に仕事をする印象を与える言葉と認識している人がいるかもしれません。

相手の性格にもよりますが、
確認のために時間を取られるのはめんどくさいなと思う人もいるかもしれません。
ものすごい細かい人だなという印象を与えてしまうかもしれません。
大事なことは、自分ももったいない時間だと
思っていますという印象を相手にも与えることです。
このような場合、以下の言葉を使うことをお勧めします。

差し支えなければ、 ご確認いただいてもよろしいですか。
のような言葉を使うと
相手にめんどくさいと思われる可能性が低くなります。

(4) 「また改めて」と簡単に使う人

また改めて連絡しますと仕事でよく使う言葉です。
この言葉は何がいらっとさせるのでしょうか。

特にやっかないなのは、すぐに問題解決を望む場合です。
森川の例でいうと、車の売買購入相談のときにありました。

車を買いにいった時でした。ある車のブレーキ―に関して
エンジニアの方に質問しました。また改めて回答しますと言いました。
エンジニアの方は、営業担当がいるので、
営業が答えるべきと考えた対応かもしれません。
ブレーキ―のことは、担当営業でなくても答えることができるはずです。

何が問題かというと、問題解決をするための時間を引き延ばしている
すぐに解決できるはず時間を、伸ばしただけ、お客様の時間を奪っていることです。

回答できないのなら、致し方ありませんが、
回答できるのなら、対応することが妥当です。
会社組織内部で、共有しておけばいい話です。

回答できない場合は、期日を通知して置いた方がいいです。
お客様は曖昧にされるより、対応はしやすいです。

(5)「なるべく早く」と期日を曖昧にする人

この対応もいらっとします。
いつまで待てばいいのか、わからないからです。

なるべく早くって、曖昧ですよね
1時間後、翌日なのか、わからないです。

このような場合は、あすまで等、期日を明確に伝えた方がいいです。
連絡がない場合は、再度連絡頂けますかと言えば、十分です。

見出し:まとめ

今回のブログでは、お客様をイラっとさせる5つの言葉について扱いました。
取り上げた5つの言葉の中に、あなたが普段から使っている言葉があったかもしれません。
該当した方は、 違う言葉に置き換えるなど、対応することをお勧めします。
言葉の使い方ひとつで、相手への印象が変わってしまいます。
最悪の場合は、信頼を失い、商談失敗という結果になる可能性もあります。

お客様の認識によって多少差異はありますが、
信頼を失う可能性がある言葉は使わない方が無難だと思います。

言葉ひとつで、お客様の感じ方が変わってしまいます。
今回のブログでそのことを学んでいただければ幸いです。
何気ない言葉でも、お客様をイラっとさせてしまいます。
もちろん、プライベートなら問題はないと思います。
これらの点を踏まえて頂き、
あなたのビジネスが成功することを祈っております。

森川は、占い、MBA、営業経験を活かし、
あなたの性格にあった営業方法をアドバイスしています。
ブログに掲載している内容は、一般的なアドバイスです。
十分に役に立つ情報ですが、あなたにはあわないものもあるかもしれません。
あなたにあうものをチョイスして対応致します。
よろしければ、ご相談してください。
ポストの画面をクリックすると、問い合わせ画面になりますので
お名前、連絡先、相談内容などをご記載下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメント